命までは取られない

どんなに辛く、大変な仕事にぶち当たっても、基本的に命まではとられることはありません。 肉体的、精神的に限界を感じながら業務に携らなくては、いけない状況に耐え得るだの根性が無くてはいけないのですが、逆説的に云うならば、どれだけ辛くても、命までは取られることはないので、ある意味、開き直りの心境で仕事に取り組むことが出来るのならば、より大きな仕事がこなせるだけ力量が身に付くのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です