ケツは会社が拭く

仕事をしていく上で、失敗はつきものです。 失敗を恐れていては、自分の力を十分に発揮出来ずに、萎縮して決して良い結果に繋がりません。 与えられた仕事は、自信を持って対応し、プレッシャーを喜びに変えるくらいの余裕が無いと仕事は面白くありません。 日々、楽しく仕事に取り組み、共に成長していく中での失敗は組織の中では許されるのです。 一個人の失敗は、最終的には会社の責任です。 失敗が許されている間は思いっきり仕事をして、失敗をして、それを教訓に成功への道を歩むのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です